FC2ブログ
このブログは、廃墟探索を推奨するものではありません。
廃墟の探索は違法行為です。敷地内に潜入した場合は「建造物侵入」もしくは「住居不法侵入」になる事も有ります。
このブログを見て廃墟を訪れ何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切の責任は負いません。
また廃墟の場所・名称を公開することはできませんのでご了承ください。
このブログはリンクフリーですが掲載されている全ての画像及び文章の無断転載を禁じます。

団員紹介はこちら
ご意見等はコメントもしくはメールでお願いします。
アドレスは zenon_6669[at]hotmail.com ([at]→@)
前回は水源地側~出荷施設までを御紹介しましたが今回は出荷施設周辺~事務所棟を御紹介しようと思います

それでわはじまり~


P1000277.jpg
セーブポイントからスタートします、先ずはこの広場周辺の建物を見て行きましょう


P1000258.jpg
先ず目を引くのが小さなRC造の建物


P1000274.jpg
中をのぞくとどうやら変電室の様


P1000257.jpg
広場の少し上段に位置した所にもなにやら建物が


P1000261.jpg
お風呂のようです、更衣室部分と思われる所はかなり崩壊しています


P1000262.jpg
浴室部は割と綺麗、そういえば白石の中に浴室は何箇所か点在していたりします



でわ次は事務所棟の方へ行ってみましょう
※2009年10月30日に火災が発生し現在は焼け落ちたままの状態になっています


P1000280.jpg
こんな感じで小道が続いています


P1000282.jpg
道中には横穴があったり、入ってみると6畳位のスペースがあり資材置き場テイストな感じ


P1000285.jpg
暫く歩くと白い大きな木造家屋が現れます、これが事務所棟


P1000286.jpg
因みにこちら側が正門と思われます


P1000287.jpg
白石工業株式会社
  桑名工場


P1000288.jpg
来る者拒まず、去る者許さない状態


P1000289.jpg
中は暗く足元にはガラス等が散乱している為躓いて転んだ日には泣かずにはいられない


P1000291.jpg
事務所は書類が散乱しています、因みに机の上に・・・


P1000293.jpg
ひん剥かれた少女が


P1000294.jpg
当時の記録や古い日立建機のカタログ等当時の書類が足の踏み場も無い位に散らかっています


P1000295.jpg
当時ここはどんな部署だったのだろうか


P1000296.jpg
廊下は真っ暗


P1000298.jpg
事務所棟の隣にある防災備品小屋


P1000299.jpg
中には手押し式のポンプ台車が一台


P1000301.jpg
ネーム入り、バッテリーが見えるからポンプ用の電源かと思われます


P1000304.jpg
倉庫の方は乱雑に物が散らかっています、そんな中で目を引いたのが


P1000305.jpg
みんな大好きドライビングターボ!


P1000300.jpg
倉庫脇に何故か落ちてたタイムカード打刻機








あとがき

今回は前回に続きS鉱山の出荷施設周辺~事務所棟を御紹介しました。

これでここの比較的探索しやすい場所の主な施設はおしまいです。

ここは規模が大きく立地も山腹と言う事で全ての施設を紹介しきれないと言うのが正直な所です;

ただ白石の雰囲気は伝えようと色々ピックアップして紹介してみましたのでそのスケールの大きさ、産業廃墟の魅力がちょこっとでも伝われば良いなと思います。


最後に2009年10月30日の事務所棟火災の知らせを受け火災現場に足を運び撮影してきた写真を最後に今回はお別れしたいと思います。


P1000057_20100102195045.jpg
見るも無残に焼け落ちてしまった・・・


P1000005_20100102195045.jpgP1000286.jpg
健在だった頃の事務所棟と比較、道向かいの立木が熱によって変色している所を見ると相当な熱だったと思われます、山火事に発展しなかっただけ不幸中の幸いか


P1000027_20100102195045.jpg
事務所棟に入った事のある人なら一度は見たであろう大金庫も・・・


P1000030.jpg
熱で曲がったのか、はたまた元からこの形状だったのか


P1000013_20100102195045.jpg
防災備品小屋、倒壊は免れたが梁や柱が焦げている事から炎上していたのは明らか


P1000023.jpg
事務所棟に隣接していた木、火災の凄まじさを感じます



こう言った廃墟の火災は近隣住民の解体への機運を高めてしまい私たち廃墟ウォッチャーとしては非常に憤りを覚える事です、
自然発火はまだ致しかたないとしても、放火となると許せません。
幾ら無人だからと言って当時の貴重な生き証人になる廃墟を燃やして良い理由にはなりませんからね。
廃墟での火の取り扱い(タバコ等、筆者も愛煙家です)は十分に注意しましょう


それでわまたいつか、何処かの廃墟で。


書いた&撮った人:たけぞー


Secret

TrackBackURL
→http://unforgivens.blog96.fc2.com/tb.php/26-4f9b67e8