FC2ブログ
このブログは、廃墟探索を推奨するものではありません。
廃墟の探索は違法行為です。敷地内に潜入した場合は「建造物侵入」もしくは「住居不法侵入」になる事も有ります。
このブログを見て廃墟を訪れ何らかのトラブルに巻き込まれても当方は一切の責任は負いません。
また廃墟の場所・名称を公開することはできませんのでご了承ください。
このブログはリンクフリーですが掲載されている全ての画像及び文章の無断転載を禁じます。

団員紹介はこちら
ご意見等はコメントもしくはメールでお願いします。
アドレスは zenon_6669[at]hotmail.com ([at]→@)
三宅島廃校
2009.11.24
東京都の沖合い175kmに浮かぶ島、三宅島
ここには、およそ20年周期で大噴火を繰り返している火山がある

その名を、「雄山」

最近では、2000年の大噴火が記憶に新しいが、05年まで実に5年もの間、住民は避難生活を余儀なくされた

当然、住居は傷み、島を離れる者、1からやり直す者、多くの人生を狂わせた


現在も火山性ガスは噴出を続け、高濃度地区には人は住めない
また、島にいる者は全員、ガスマスク携帯の義務を負う

島への飛行機は、風向きと火山性ガスの兼ね合いで、月に5度ほどしか運行できない
よって本土との連絡は、専ら船となる


そんな島の、ある地区を訪れた



83年の噴火で、この地区は溶岩に覆われた



今回レポートするこの学校は、まさにその生き証人である





溶岩の流れは、3階建ての校舎に容赦なく押し寄せ、校舎は溶岩に埋もれてしまった




壁をぶち破り、教室に流れ込み、机や椅子を燃やす



幸いにして、校舎に人はいなかったそうだが




階段に流れ込む様は、数十年を経た今でもなお、絶望とともに容易く想像できる






溶岩の勢いは、上階の天井をも突き破る




その場にいたら、逃げ場など無かったろう




圧倒的熱量をもって、周囲を焦がす




歪んだ窓枠や、溶け固まったガラスが、その凄まじさを如実に物語る





溶岩の表情は、憤怒か



その迫力に、畏怖を感じざるを得ない




やはり自然は、畏れ敬うべきものだ





こんな場所でも生きる植物を見ると、余計にそう思える




火山性ガスの影響もあり、金属も朽ちるのが早い




しかしこの場所は、次代の子供たちに残すべきであろう



そして、自然というものの偉大さを知るのである




この場所は現在、遊歩道などの整備が進められている




ぜひ一度、訪れてみて欲しい




なお、学校内を動画でも撮影しております
こちらでどうぞ




photo&text : 団員A

スポンサーサイト